太陽テントグループ | 太陽工業株式会社 | 環境改善貢献企業

【震度6強から守る】木造中古住宅、古民家・寺社仏閣を、倒壊から守る耐震補強材 耐震リング:地震や風揺れによる建物の倒壊を防ぐため、従来から用いられてきた「仕口ダンパー」をさらに進化させ、木造建築物に最適な耐震補強材が誕生しました。今までは耐震施工が難しいとされてきた歴史的建造物や文化財にも、耐震改修工事を施すことが可能です。

耐震リング採用のメリット

  • 「制震」の発想で力を吸収して、建物の倒壊を防止。

    地震によって生じる強力な歪みを樹脂の伸び縮みで吸収し、建物の変形を抑制します。
    筋交いなどのように開口部を塞がないため、伝統建築物の耐震化にも最適です。

  • メンテナンスフリーで安定した性能を発揮。

    軟らかい樹脂(熱可塑性ポリエステルエラストマー)を一体成型した耐震リングは、優れた耐久性を発揮、メンテナンスフリーで地震から建物を守り続けます。

  • 補強工事のコストを大きく削減。

    一般的な住宅の場合、1坪あたり1個程度を取り付ければよいため、従来の耐震改修工事と比べてコストダウンが可能です。また、耐震リングは大阪市の耐震診断改修制度に採用されているため、補助金の対象となります。

    大阪市の耐震診断改修制度について

耐震リングの詳しい特長

地震から守るメカニズムとは?

耐震リング 構造図:部24mm厚(開口60φ) 専用木ねじ(φ5.5×L90mm)用孔:16ヵ所(専用のSUS座金4枚付き)

軸組工法の木造建築物の場合、柱と梁の交差部分である仕口の強さが耐震性能を左右します。
耐震リングは、中央部にある穴が変形することで揺れのエネルギー衝撃を吸収、地震の力を建物全体に分散します。

耐震リングは、耐震対策のなかでも「制震」(=揺れを吸収)する手法です。免震や耐震手法に比べて、低価格や施工が簡単なことから、近年注目を浴びています。

「制震」手法について

お問い合せ・資料請求:太陽工業株式会社 環境ビジネスセンター

03-3714-3358

03-3714-3954

メールでのお問い合せ

資料請求

施工ポイント・事例集:寺院や古民家、一般的な中古住宅にも広く採用されています。詳しく見る

メインコンテンツに戻る
メインコンテンツに戻る

このページのトップへ

太陽工業株式会社 copyright © TAIYO KOGYO CORPORATION All Rights Reserved.