太陽テントグループ | 太陽工業株式会社 | 環境改善貢献企業

ニュース・トピックス

2016年のニュース・トピックス

3月4日

世界に先駆け開発した光触媒膜材の「ピュリファイシリーズ」を本格販売開始

「防汚性」に「空気浄化」を加えた画期的な新膜材

〜公共施設や交通施設、商業施設などの屋根や壁などでの大きな需要が期待〜

大型膜面構造物(テント構造物)メーカーの太陽工業株式会社(東京本社:東京都世田谷区、大阪本社:大阪市淀川区、会長兼社長:能村光太郎)は、埃やチリ、排気ガスの汚れなどの有機物を化学的に分解・除去する酸化チタン光触媒機能を持つ膜材を1998年に世界に先駆け開発しましたが、今年2月より「防汚性」の向上に加えて、膜素材としては初めて光触媒業界の基準を上回る「空気浄化性能」を備えた新膜材「ピュリファイシリーズ」の本格販売を開始いたしました。

今回本格販売を開始した光触媒膜材「ピュリファイシリーズ」は、車や工場などから排出されるNOx(窒素酸化物)などの大気汚染物質を少しでも浄化し、きれいな空気にしたいという思いから誕生した新素材です。
特長としては、(1)圧倒的な空気浄化性能は、最大で認定基準(光触媒工業会性能基準)の1.2〜2.8倍を実現(2)防汚性能は、当社従来製品の1.6倍以上の分解活性指数(3)防汚性能とのダブル効果などにより、空気浄化性能を長期に亘り維持、などで、当社従来製品に比べ、その機能は大幅に向上しています。当膜材は、防汚性能と空気浄化性能を備えた新しい酸化チタン光触媒を膜面構造物に導入するため、5年前より研究を開始、膜材に含まれる様々な物質が光触媒層に及ぼす影響を、最小限にする事で、2014年に開発に成功いたしました。
その後、建築素材としての耐久性能の実証を踏まえて、この度、本格販売を開始したものです。
防汚性能の向上に加えてNOxを分解除去で大きな効果を発揮する光触媒膜材「ピュリファイシリーズ」の主な用途は、不特定多数が集まる公共施設、都市部の交通施設、レジャー施設、商業施設などの屋根や壁などで、その大きな需要が期待されます。

太陽工業株式会社は、1998年に世界で初めて酸化チタン光触媒機能を活用した「膜材防汚処理技術」の開発に成功し、以降、多くの膜構造施設に採用されております。その評価は、国内はもとより海外でも高く、サッカーW杯ブラジル大会(2014年)でも当社の酸化チタン光触媒膜材がスタジアムのスタンドの屋根を覆いました。 
今後も、「抗菌・抗ウイルス」性能を備えた「ヒカリプロテクスタイル」をはじめ、市場ニーズに応じて随時投入予定で、これら時代に先駆けて開発した高機能新膜材を通じて、膜構造施設の用途拡大を図り、安全で快適な生活環境の実現に貢献したいと考えております。

今回、販売を開始する光触媒膜材「ピュリファイシリーズ」の概要は次のとおりです。

― 記 ―

空気浄化性能を高めた光触媒膜材「ピュリファイシリーズ」

車の多いところや汚染物質の影響がある場所において、太陽や雨などの自然エネルギーだけで建物などの汚れを落とし、周辺の空気まできれいにします。空気浄化性能は、最大で光触媒工業会の認定基準の1.2〜2.8倍を実現しています。

ピュリファイ(purify)とは、英語で“浄化する”、“きれいにする”という意味です。
◆ NOx除去効果

NOx除去効果は、すべての製品で光触媒工業会の認定基準を上回り、2.8倍の高い性能を保持しています。(ピュリファイファインスカイの場合)

◆ 主な用途

公共施設、都市部の交通施設、スポーツ施設、レジャー施設、商業施設など

◆ ピュリファイシリーズ3製品の仕様について

◆ 製品写真

<この件に関するお問い合せ先>
太陽工業株式会社
広報担当:上田  電話:06-6306-3033

メインコンテンツに戻る
メインコンテンツに戻る

このページのトップへ

太陽工業株式会社 copyright © TAIYO KOGYO CORPORATION All Rights Reserved.