太陽テントグループ | 太陽工業株式会社 | 環境改善貢献企業

ニュース・トピックス

2014年のニュース・トピックス

11月27日

桁下空間を明るい憩いの空間に、「化粧膜」がさらに次世代型に進化

橋梁や高架橋等の美装と長寿命化に貢献する化粧膜事業を本格化

―主要幹線道路で採用実績、このほど国交省のNETIS(新技術情報提供システム)に登録―

橋梁ラッピング
  • 橋梁ラッピング1
  • 橋梁ラッピング2
  • 橋梁ラッピング3

※下部のサムネイルをクリックすると、より大きな写真をご覧いただけます。

大型膜面構造物(テント構造物)メーカーの太陽工業株式会社(東京本社:東京都世田谷区、大阪本社:大阪市淀川区、会長兼社長:能村光太郎)は、膜面構造物のノウハウや技術で高速道路などの高架橋を膜で包み込む『橋梁ラッピング』を2011年に開発し、「京都縦貫自動車道 長岡京高架橋」で採用されるなど、高い評価を得ています。
その魅力をより高めるべく、「膜式橋梁外装工法」として国土交通省のNETIS(新技術情報提供システム)への登録や夜間演出の訴求力を通じて、化粧膜事業を活発化する事となりました。

当社では、東京オリンピック関連の都市再開発や老巧化したインフラの再整備事業などにおいて、高速道路や鉄道などの高架橋(桁下・桁側面・橋脚)を膜で包み込む『橋梁ラッピング』で、橋脚の美装と長寿命化、安全に貢献するとともに、さらに光と映像などで膜面のライティング演出を施し、夜間においても明るく憩える桁下空間を関係自治体に積極的に提案するなど、化粧膜事業を本格展開いたします。

『橋梁ラッピング』の特長としては、

  1. 美しく独創的な橋梁デザインを実現、桁下の明るく快適な空間を演出。
  2. 膜は軽量で柔軟性に優れ、さびることがなく、振動にも強い安全性。
  3. 酸化チタン光触媒膜材によるNOx(窒素化合物)除去による空気浄化効果、ライフサイクルCO2をアルミ化粧パネルより1/80程度低減、膜材をリサイクルできるエコマーク製品などの環境性。

などが挙げられます。

これらの特長が評価され、国土交通省のNETIS(新技術情報提供システム)登録製品に認定されました。『橋梁ラッピング』は、デザイン面だけでなく、「京都縦貫自動車道 長岡京高架橋」において、『橋梁ラッピング』が、橋梁の塗装保護効果などを確認する計測機器を設置しその効果の調査を実施中です。
また、『橋梁ラッピング』は、高速道路、鉄道、一般橋、人道橋などへの需要が想定されますが、ターゲットとしてまちの景観づくりや賑わい空間の創造を目指す自治体などを対象としており、施工費については、物件ごとの施工状況によって異なりますが、1平方mあたり、70,000円〜(材料費、施工費込み、*ライティング演出の費用は別途)で、来年度の売上目標は、10億円を見込んでいます。

太陽工業株式会社は、大型膜面構造物を国内外で展開しており、こうした長年の経験とノウハウを活かして、膜市場を構造的な「屋根」から、デザインや機能などを兼ね備えた「化粧素材」へと拡げつつあります。当社では、今後とも"膜"のテクノロジーで「人とまちをつなぐ景観デザイン」や「市民が憩い、くつろげる空間創出」をはじめ、地球環境の保全にも貢献していく考えです。

『橋梁ラッピング』の製品概要は次のとおりです。

<製品名>
『橋梁ラッピング』
<素  材>
酸化チタン光触媒膜材 (各種大型膜面構造物の屋根に採用されている素材)
<特  長>
  • 1.「桁下空間を創造する。」
    巨大な金属やコンクリートの構造物をカバーする事でスッキリと美しい外観を得るのと同時に、膜材のやわらかな質感が安心感を与えます。
    酸化チタン光触媒膜は、付着した汚れを太陽光と空気中の水分を利用して分解するのと同時に帯電を減少し、汚れの付着を防ぐ膜材の光の反射により(可視光反射率77%)、桁下照度が明るくなり桁下の圧迫感を低減します。
  • 2.「安全性」
    軽量で柔軟性に富む膜材は、大きな地震のときにも、構造の変形に追従可能な耐震性に優れた製品。また、期待耐久年数50年(実績40年)以上という膜材が長期にわたり強度を堅持し、部材落下などのリスクを低減します。
  • 3.「エコ」
    膜材は、ライフサイクルCO2がアルミ化粧パネルに比べ1/80程度に抑制し、膜材をリサイクルできるエコマーク取得の環境にやさしい製品。
  • 4.「維持管理」
    錆びない。化粧された空間が明るい。
<標準価格>
1平方メートルあたり、70,000円〜(材料費、施工費込み)

製品サイト:http://www.taiyokogyo.co.jp/maku_kozo/kyoryo_wrapping/

<この件に関するお問い合せ先>
空間デザインカンパニー 担当:村上、電話:03ー3714ー3461
もしくは 広報担当:上田、電話:06ー6306ー3033

メインコンテンツに戻る
メインコンテンツに戻る

このページのトップへ

太陽工業株式会社 copyright © TAIYO KOGYO CORPORATION All Rights Reserved.