ニュース・トピックス

2012年のニュース・トピックス

5月30日

太陽光発電シートと専用バッテリーをセット、持ち運び自由、災害時の電源確保に最適な製品

モバイルソーラー・バッテリーシステム「ウイングソルMSR-1110B」を新発売

〜用途は、通信機器・パソコン・照明・液晶テレビ・扇風機などの電源として幅広く使用可能〜

  • ソーラーユニットとバッテリーユニット
  • バッテリーユニットの詳細
  • 持ち運びの様子
  • バッテリーの電力でパソコンを起動
  • 一般のAC電源から充電している様子
  •  

※下部のサムネイルをクリックすると、より大きな写真をご覧いただけます。

大型膜面構造物(テント構造物)メーカーの太陽工業株式会社(東京本社:東京都世田谷区、大阪本社:大阪市淀川区、会長兼社長:能村光太郎)は、災害などによる停電時に、電源確保が容易にできるモバイルソーラー・バッテリーシステム「ウイングソル(WINGSOL)MSR-1110B」を、6月1日から販売開始します。

このモバイルソーラー・バッテリーシステム「ウイングソル(WINGSOL)MSR-1110B」は、フレキシブルなアモルファス太陽光発電シート(ソーラーユニット)と専用バッテリー(バッテリーユニット)を組み合せた製品です。
アモルファス太陽光発電シートは巻き取り式で持ち運び容易、どこでもバッテリーユニットに充電することができます。また、このシステムはセパレート方式のため、バッテリーユニット単体での使用が可能で、太陽光発電による充電の他、予め一般のAC電源から充電しておけば、非常時に即座に使用することができます。
「ウイングソル(WINGSOL)MSR-1110B」の主な特長は、(1)フレキシブルなアモルファス太陽光発電シートを採用、巻取り収納式で、持ち運び容易、(2)長さ2010mmのアモルファス太陽光発電シートを、幅163mmの本体ボディーに完全収納、(3)専用バッテリーはニッケル水素蓄電池を採用、安定した出力が確保でき、充電後の減衰が少なく長寿命、(4)充電用ACアダプターを標準装備、一般のAC電源から充電可能、(5)ソーラーユニットとバッテリーユニットを分離したセパレート方式により利便性向上、(6)安全性確保のために、バッテリーユニットに五つの保護回路を設置、(7)エンジン式発電機のような騒音や排気ガスが発生せず、クリーンな環境を保持――などが挙げられます。
本製品は太陽工業株式会社と、株式会社オーエス(本社:大阪市)が、共同で開発したものです。株式会社オーエスは、モバイルソーラーユニットを東日本大震災の被災地へ納入するなどの実績があります。

本製品の主な用途としては、災害などによる停電時や電源のない地帯で、通信機器、パソコン、照明、液晶テレビ、扇風機などの電源として使用出来ます。販売先としては、官公庁、自治体、教育機関、各種企業等を予定、製品価格は、60万9千円(税込み)で、初年度売上げとして5億円を目標としています。
また、本製品は、2012年6月7日(木)〜8日(金)に開催される「第6回地域防災犯罪展 大阪」(会場:インテックス大阪)に出展、同製品のデモなどより分かりやすく紹介する予定です。

「ウイングソル(WINGSOL)MSR-1110B」の製品概要は次のとおりです。

― 記 ―

■ 製品名

「ウイングソル(WINGSOL)MSR-1110B」

■ 特長

  1. どこでも発電、持ち運び自由
    フレキシブルなアモルファス太陽光発電シートを採用、巻取り収納式で、持ち運びが容易。
  2. コンパクト収納
    長さ2010mmのアモルファス太陽光発電シートを、幅163mmの本体ボディーに完全収納。
  3. 安定した電源
    ニッケル水素蓄電池を採用、安定した出力が確保でき、充電後の減衰が少なく長寿命。
  4. いつでも充電
    充電用ACアダプターを標準装備、一般のAC電源からも充電可能。いつでも充電できます。
  5. セパレート方式
    ソーラーユニットとバッテリーユニットを分離し、利便性を向上させました。
  6. 安全性重視
    安全性確保のために、バッテリーユニットに五つの保護回路を設けました。
  7. クリーン発電
    エンジン式発電機のような騒音や排気ガスが発生せず、クリーンな環境を保ちます。

■ 製品仕様

ソーラーユニット仕様
本体寸法
W1180×H133×D163(mm)
※ハンドル、突起物は除く
ソーラーシート
108Wアモルファス太陽光発電シート  W1036×L2010×T1(mm)
製品重量
約8.9キロ(ショルダーベルト含む)
シート本体:ザンジバルゴールド
引き出しハンドル:黒
バッテリーユニット仕様
本体寸法
W352×H154×D150(mm)
※ハンドル、突起物は除く
本体重量
約5.6キロ
ケース:ザンジバルゴールド
移動用ハンドル:黒
バッテリー
ニッケル水素蓄電池  15Ah/DC12V
充電時間
太陽光発電:約8〜10時間
充電用ACアダプター:約8時間
公称出力
100W/AC100V(最大瞬間出力120W)
100W/DC12V(シガーソケット)
4W/DC5V(USB出力端子)
使用時間
約50分/100W
約2時間/45W

■ 用途

主な用途としては、災害などによる停電時や電源のない地帯で、通信機器、パソコン、照明、液晶テレビ、扇風機などの電源としての使用を想定しています。

■ 販売先

販売先としては、官公庁、自治体、教育機関、各種企業等を予定しています。

■ 価格・販売目標

製品価格:60万9千円(税込み)
初年度売上げ目標:5億円

■ 販売体制

販売元:太陽工業株式会社
災害・緊急用エアテント「マク・クイックシェルター」の販売網を通じ、全国販売します。

■ 参考

株式会社オーエス 会社概要
名称
株式会社オーエス
ウェブサイト
http://jp.os-worldwide.com/
本社
大阪市西成区南津守6−5−53 オーエス大阪ビル
本部
東京都足立区綾瀬3−25−18 オーエス東京ビル
創業
昭和28年4月
資本金
4608万円
代表者
代表取締役  奥村 正之
事業内容
オーエススクリーンのブランドで文教・企業向けに数多くの製品を提供。スクリーンばかりでなく、プロジェクター、薄型ディスプレーハンガー等を活用したコミュニケーションシステムの構築。ウオールバック開閉や、ハンガー・バトン昇降・カーテン開閉などをはじめとした装置類の開発・設計・施工からトータルシステムまで、一貫したソリューションを提供する。

<この件に関するお問い合せ先>
太陽工業株式会社
VBセンター担当:勝野  電話:03−3714−3344
もしくは広報担当:上田  電話:06−6306−3033

メインコンテンツに戻る
メインコンテンツに戻る

このページのトップへ

太陽工業株式会社 copyright © TAIYO KOGYO CORPORATION All Rights Reserved.