太陽テントグループ | 太陽工業株式会社 | 環境改善貢献企業

ニュース・トピックス

2011年のニュース・トピックス

4月21日

ビルや店舗などの壁面を膜材で覆ってイメージを一新させる、画期的なリニューアル工法

「ビルディング・コスチューム」の本格販売を開始

〜断熱効果や壁面保護に優れ“安全かつ機能的”、張り替えも簡単で定期的なデザイン一新にも対応〜

  • 「ビルディング・コスチューム」施工前と施工後の様子
  • 通常膜による「ビルディング・コスチューム」施工例
  • 通常膜による「ビルディング・コスチューム」施工例

※下部のサムネイルをクリックすると、より大きな写真をご覧いただけます。

大型膜面構造物(テント構造物)メーカーの太陽工業株式会社(東京本社:東京都世田谷区、大阪本社:大阪市淀川区、会長兼社長:能村光太郎)は、建物の外壁を膜材で覆う新工法「ビルディング・コスチューム」を開発、主にビルや店舗などの既存建物を対象にしたリニューアル・リノベーション事業として、4月1日より本格販売を開始いたしました。

「ビルディング・コスチューム」は、ビルや店舗などの建物を膜材で覆う新工法で、建物外壁にアルミフレームを設置し、それに脱着可能な膜材を取り付けて施工するものです。
使用膜材はポリエステル繊維に塩化ビニールをコーティングしたメッシュ生地が中心で、外からの目隠し効果を保ちつつ、建物内の窓からは外部への視界を確保、窓を開ければ風も取り込めるため、リニューアル前と同様の機能を得ることが出来ます。(もちろん、通常のテント生地を使用すれば既存の壁や窓を完全に目隠しすることも可能です。)32色ものカラーバリュエーション(メッシュ生地:27色、通常膜:5色)で色彩豊かな壁面を実現し、さらに、膜材は脱着が容易で張替え可能なため、定期的に外観デザインの一新を行いたい施設にも効果的です。
一方で、安全面や機能面においても、老朽化で既存の壁が落下しても外を覆う膜材が周囲への飛散を防止、人々への危険を最小限にとどめるとともに、二重壁方式によって“外断熱効果”のエコメリットも発揮します。
一般的に建物外装をリニューアルする工法としては、塗装仕上げのほか、アルミやステンレスパネルなどを貼り合わせる補修工事が主体で、今回の「ビルディング・コスチューム」は、パネルを使った壁面工法と比べ、窓の部分も覆うことができ、 “外断熱効果”のエコメリットも発揮します。さらに、施工期間を同一規模の場合で3割程度圧縮し、工事費用も、建物の規模や立地条件で異なりますが、1平方メートルあたり5万円から10万円程度(材料費・工事費)で施工可能です。
4月1日より本格販売を開始した「ビルディング・コスチューム」は、おもにビルや店舗などの既存建物へのリニューアル・リノベーション事業への展開が中心で、売上げとしては中期目標(2013年度)で、10億円を目指しています。

太陽工業株式会社は、各種ドームに代表される大型膜面構造物の技術を活かし、膜の新用途を開拓中です。なかでも壁面への利用では、“ETFE膜材とLED照明”を駆使した「膜ライティング」が映像も映す演出装置として注目を集めており、リニューアル市場向けの「ビルディング・コスチューム」同様、それぞれの目的に応じて、新たな価値を提供してゆく所存です。

新工法「ビルディング・コスチューム」の概要は、次のとおりです。

― 記 ―

製品名
「ビルディング・コスチューム」
内容
主にビルや店舗などに対して行う外装リニューアル工法で、既存建物の外壁にアルミフレームを設置し、それに脱着可能な膜材を取り付けて施工するものである。目隠し効果と室内からの視認性確保を両立したメッシュ生地をメインに豊富なカラーバリュエーションの膜材を選択可能で、従来工法(アルミ・ステンレスパネルなどを貼り合わせる補修工法)と比較し、面をも覆うことが可能で“外断熱効果”のエコメリットを発揮軽量で大面積を一度に覆うため、施工性・安全性にも優れている点などが大きな魅力である。
特長
  1. 使用する膜材は、メッシュ状の生地が中心で、外からの目隠し効果を保ちつつ、室内からは外部への視界を確保し、窓を開ければ風も取り込めるため、リニューアル前と同様の機能を得ることができる。
  2. 膜材は脱着が容易で張替えも可能、定期的に外観デザインを一新するうえで効果的である。
  3. 安全面や機能面においても、老朽化で既存の壁が落下しても外を覆う膜材が周囲への飛散を防止、人々への危険を最小限にとどめるとともに、二重壁方式によって“外断熱効果”のエコメリットも期待できる。
  4. 従来工法に比べ、軽量で大面積を一度に覆うため、施工性・安全性にも優れている点などが大きな魅力である。
膜材
ポリエステル繊維に塩化ビニールをコーティングしたメッシュ生地が中心でカラーバリュエーションは27色、ほかにも網目のない通常のテント生地(材質:ポリエステル繊維+塩化ビニールをコーティング、色:5色)もある。
価格
都度見積もりで1平方メートルあたり、5万円から10万円程度(材料費・工事費)

製品ウェブサイト:  http://www.taiyokogyo.co.jp/costume/

<この件に関するお問い合せ先>
太陽工業株式会社 空間デザインカンパニー
担当:村上  電話:03−3714−3461
もしくは、広報担当:上田  電話:06−6306−3033

メインコンテンツに戻る
メインコンテンツに戻る

このページのトップへ

太陽工業株式会社 copyright © TAIYO KOGYO CORPORATION All Rights Reserved.