ニュース・トピックス

2010年のニュース・トピックス

10月4日

特許出願中、軽量コンパクトなエアテントで、いつでもどこでも迅速に除菌作業が可能

移動式「オゾン除菌テントシステム」を開発、販売開始

〜感染症対策・バイオハザード対策・危機管理に最適の除菌システム〜

※下部のサムネイルをクリックすると、より大きな写真をご覧いただけます。

大型膜面構造物(テント構造物)メーカーの太陽工業株式会社(東京本社:東京都世田谷区、大阪本社:大阪市淀川区、会長兼社長:能村光太郎)は、このほど、感染症対策・バイオハザード対策・危機管理に最適の移動式「オゾン除菌テントシステム」を開発(特許出願中)、10月8日(水)から各自治体や消防、警察、病院などに向け、販売を開始いたします。

この「オゾン除菌テントシステム」は、数値管理されたオゾンガスにより、隊員や従事者の衣類や機器類に付着した細菌やウイルスの除菌を短時間(約10〜15分)で行うことができます。
従来の薬品を使用した除菌作業の場合、事前の薬品の備蓄、使用後の廃液処理等、さまざまな課題がありました。一方、「オゾン除菌テントシステム」は、空気中の酸素から作ったオゾンガスを使用するため、薬品の備蓄の必要が一切なく、使用後の廃液処理等の心配もありません。

「オゾン除菌テントシステム」は、軽量・コンパクトなエアテント方式のため、必要な時に、必要な場所で、迅速に除菌作業ができます。
テント内部にはテントと一体加工されたオゾン送風ダクトが配置されており、オゾンガス発生器で作られたオゾンガスを、エアポンプにより送風し、テント内に均一に拡散させることができます。
また、除菌終了後は、オゾン分解装置により、テント内に残ったオゾンを分解処理します。
本システムではCT値※1積算機能付オゾン濃度計によりオゾンガス発生器、エアポンプの作動を管理し、安全で正確なオゾン除菌を実施することができます。

「オゾン除菌テントシステム」の価格は、378万円(税込)で、販売先としては、各自治体、消防、警察、自衛隊、病院、各研究機関、電力・ガス会社、航空会社・JRなどの交通機関などを予定、初年度は、10億円の売り上げを見込んでいます。
なお、この「オゾン除菌テントシステム」は、来る10月6日(水)〜8日(金)に東京ビッグサイト(西ホール)で開催される「危機管理産業展2010」に出展、その場で初公開を果たします。

※1:CT値とは
殺菌・不活性効果を示す指標として国際的に認められているもので、ガス濃度と時間の積(濃度ppm×時間min)を表しており、CT値が高いほどその効果は増加し、逆にCT値が低いほどその効果は低下します。

「オゾン除菌テントシステム」の概要は、下記のとおりです。

― 記 ―

◆ 製品名
「オゾン除菌テントシステム」

◆ 特長

  1. 空気中の酸素から作ったオゾンガスにより、隊員や従事者の衣類や機器類に付着した細菌やウイルスの除菌を短時間(約10〜15分)で行うことができます。
  2. 従来の除菌作業のように薬品を使用しないので、備蓄の必要が一切なく使用後の廃液処理等の心配もありません。
  3. 軽量・コンパクトなエアテント方式のため、必要な時に、必要な場所で、迅速に除菌作業ができます。
  4. CT値積算機能付オゾン濃度計によりオゾン発生器、エアポンプの作動を管理し、安全で正確なオゾン除菌を実施することができます。

◆ (主な)システム構成

(1)エアテント
サイズ:W2.5m×L3m×H2.6m 重量:約45kg
(2)エアポンプ
エアテント立ち上げ用とオゾンガス送風用を兼ねる。AC100V
(3)オゾン分解装置
エアポンプ吸気側に取り付けオゾンを分解する。
(4)オゾンガス発生器
オゾン発生量:4g/h AC100V
(5)CT値積算機能付オゾン濃度計
測定濃度範囲:0.5〜10.00ppm AC100V

「オゾン除菌テントシステム」製品サイト

<この件に関するお問い合せ先>
太陽工業株式会社
MQ営業部 担当:勝野/電話:03-3714-3462
または、広報担当:上田/電話:06−6306−3033

メインコンテンツに戻る
メインコンテンツに戻る

このページのトップへ

太陽工業株式会社 copyright © TAIYO KOGYO CORPORATION All Rights Reserved.