ニュース・トピックス

2010年のニュース・トピックス

6月7日

6月19日(土)キックオフの「日本対オランダ」でも強い日差しからスタンドのサポーターを守る

3大会連続、日本のテントメーカーが南アフリカW杯のスタンド屋根で活躍

〜3スタジアムの膜屋根を製造・施工、準決勝戦や3位決定戦など世界が注目のカードを演出〜

  • 日本対オランダが開催される『ダーバン・スタジアム』
  • 『ダーバン・スタジアム』の内観
  • 『ネルソンマンデラベイ・スタジアム』
  • 『グリーンポイント・スタジアム』

※下部のサムネイルをクリックすると、より大きな写真をご覧いただけます。

大型膜面構造物(テント構造物)メーカーの太陽工業株式会社(本社:大阪市、社長:能村光太郎)は、6月11日(金)より南アフリカ共和国で開催される「2010年FIFAワールドカップ」の3スタジアムにおいて膜屋根の製造・施工を当社グループ企業が受注、日本対オランダ(6月19日、ダーバンスタジアム)をはじめ、準決勝戦や3位決定戦など、世界が注目するカードで興奮の空間を演出いたします。

南アフリカ共和国で6月11日から7月11日にかけて開催される「2010年FIFAワールドカップ」では、会場となる10スタジアムのうち半分(5施設)が新規のスタジアムとして計画、そのなかで太陽工業株式会社の100%子会社である、バードエアー社(本社:アメリカ、社長:杉本光央)とタイヨー・メンブレイン・コーポレーション(本社:オーストラリア、社長:バーニー・ネイラン)が中心となって3スタジアムの膜屋根の製造・施工を受注、昨年末までに全ての工事を無事完了したものです。
なかでもインド洋沿いの観光都市ダーバンに昨年11月に完成した「ダーバン・スタジアム」は、6月19日に「日本対オランダ」が開催されることで注目度も高く、施設的にも全長350m、高さ100mのシンボリックな巨大アーチが抜群の存在感を発揮しています。 また、巨大アーチにケーブルを張り、これにテントを設置した約4万6千平方メートルの大規模サスペンション膜構造は、目障りな柱や梁りのない軽快な屋根を実現しつつ、純白の膜材が太陽の厳しい日差しを柔らかな拡散光に変えてデイゲーム(現地)を観戦する7万人のサポーターに快適な空間を提供いたします。
そのほかにも当社国内工場(京都府、瑞穂工場)で膜屋根が製造された「ネルソンマンデラベイ・スタジアム」(ポートエリザベス)や、ケープタウンの「グリーンポイント・スタジアム」でも当社グループ企業の膜製品が採用、東京ドームにも使われた特殊なガラス繊維に四フッ化エチレン樹脂をコーティングした膜材で、現地の厳しい気象環境に負けない耐久性を備えた屋根を実現しています。

今回、3スタジアムでは世界中が注目する準決勝戦(グリーンポイント・スタジアム、ダーバン・スタジアム)と3位決定戦(ネルソンマンデラベイ・スタジアム)のカードも予定、2002年の日韓W杯から3大会連続でW杯に参画する当社にとっても大きな快挙となります。
太陽工業株式会社では、今後もグループ一丸となって巨大イベントから各種の国家プロジェクトまで、幅広い用途で上質な空間を提供してゆく所存です。

3スタジアムの概要は次のとおりです。

― 記 ―

◆ ダーバン・スタジアム[ダーバン] 7万人収容

膜製造・施工
バードエアー社
建築設計
フォン・ゲルカン, マルク・アンド・パートナー(gmp) [ドイツ]
構造設計
シュライヒ・ベルガーマン・アンド・パートナー(sbp) [ドイツ]
GC
WBHO[南ア]/Group 5[南ア] JV
膜材料
PTFEコーティングガラス繊維膜材(東京ドームの屋根と同じ種類の膜素材)
膜表面積
約 46,000m²
竣工
2009年11月完成
開催試合
準決勝を含む全7試合が開催される。

◆ ネルソンマンデラベイ・スタジアム[ポートエリザベス] 4万8千人収容

鉄骨工事
バードエアー社[米国]
膜製造
太陽工業(京都の瑞穂工場にて製造を実施)
膜施工
タイヨー・メンブレイン・コーポレーション[オーストラリア]
※「バードエア」、「Taiyo Membrane Corp.」ともに太陽工業の100%子会社です。
建築設計
フォン・ゲルカン、 マルク・アンド・パートナー(gmp) [ドイツ]
構造設計
シュライヒ・ベルガーマン・アンド・パートナー(sbp) [ドイツ]
GC
Grinaker-Lta[南ア]/Interbeton[ドイツ] JV
膜材料
PTFEコーティングガラス繊維膜材(東京ドームの屋根と同じ種類の膜素材)
膜表面積
約 22,000m²
竣工
2009年6月完成
開催試合
3位決定戦を含む全8試合が開催

◆ グリーンポイント・スタジアム[ケープタウン] 7万人収容

膜製造・施工
バードエアー社
建築設計
ルイス・カロル[南ア]/ポイント・アーキテクツ[南ア]/
フォン・ゲルカン, マルク・アンド・パートナー(gmp) [ドイツ]
構造設計
シュライヒ・ベルガーマン・アンド・パートナー(sbp) [ドイツ]
GC
Murray & Roberts[南ア]/WBHO[南ア] JV
膜材料
PTFEコーティングガラス繊維膜材-メッシュ、ソリッド
膜表面積
メッシュ膜約 27,900m²  ソリッド膜:約 4,100m²
竣工
2009年12月完成
開催試合
準決勝を含む全8試合が開催される。

<この件に関するお問い合せ先>
太陽工業株式会社
広報担当:上田/電話:06−6306−3033

メインコンテンツに戻る
メインコンテンツに戻る

このページのトップへ

太陽工業株式会社 copyright © TAIYO KOGYO CORPORATION All Rights Reserved.