太陽テントグループ | 太陽工業株式会社 | 環境改善貢献企業

ニュース・トピックス

2010年のニュース・トピックス

10月26日
リリース
10月30日より開催、アラブ首長国連邦(UAE)初のF1レース「アブダビ・グランプリ」にてお披露目
ヤス・マリーナ・サーキット、スタンド屋根など各種大型膜施設が完成
〜大小のスタンドから通路まで、合計15の膜構造施設が、厳しい気象環境のなか興奮の空間を演出〜
10月15日
リリース
新型インフルエンザ対策、各医療機関で使用する「発熱外来」の施設として需要が急増
緊急ニーズに対応するため『医療用陰圧テント』の生産体制を強化
〜10/21から開催の「危機管理産業展2009(東京ビッグサイト)」に出展、関係者に広くアピール〜
10月8日
リリース
業界初、水害発生前に事務所のパソコンや書類、自宅の畳や電化製品などを積載し床上浸水から守る
緊急対応、浮遊式ボックス『クイック フローター・ノア』を開発
〜約1分で組み立て完了、室内で水面に浮かびボックス内の被害を未然に防ぐ、復旧作業の負担も低減〜
7月30日
リリース
シースルーで明るい空間を実現、屋根や壁面などに用いる建材一体型の太陽電池ガラス
発電するガラス「太陽スカイライトソーラー」を国内外で販売強化
〜商品名『エコスカイ』として商社や工務店への製品卸しを開始、供給体制を強化し国内外の引き合いに対応〜
7月13日
リリース
リターナブル包材・パレットの出荷/回収管理システム「Comp(コンプ)」
クラレから受注、コンテナーバッグの個別管理能力が飛躍的に向上
〜今後、同システムのパレットや液体コンテナーなど他分野へのサービス拡大へ〜
7月2日
リリース
リサイクルバッグの“マクタンク”に「セミオーダーメイド」の新アイテムが誕生
インターネットで6,048パターンの組み合わせから自分好みのバッグを作る『ウェルダータンク』発売開始
〜大型テントにも使われる溶着技術を駆使、ミシン縫製をほとんど用いない特殊なバッグ〜
6月18日
リリース
前々回の日韓共催、前回のドイツ大会に引き続き、サポーターに快適な観戦空間を提供
日本のテントメーカーが、南アフリカW杯で3会場のスタンド屋根を施工
〜来年6月の開催に向け、グループのネットワークを駆使し急ピッチで現場施工を展開〜
5月13日
リリース
今年11月の「アブダビ・グランプリ」開催に向け、約60億円規模の大型膜構造の計画が実現へ
中東のアブダビで、「F1サーキット場」のメインスタンド屋根などを大規模受注
〜ドバイのグループ会社が受注、完成に向け日本、メキシコ、中国の工場をフル活用して対応〜
4月16日
リリース
前期比、約1.9倍(約178億円)の海外売上げを記録、オンリーワンを強みに海外事業展開が好調
インドに販売会社「タイヨー・メンブレイン・インディア」を7月までに設立
〜先進国から新興国まで、海外11の国と地域に営業拠点を有することに〜
4月2日
リリース
利用者の声を現実化、リサイクルバッグの“マクタンク”にリュックサックタイプの新アイテムが誕生
大型テントの製造にも使われる特殊な「溶着技術」で独特の凹凸感をあしらった『タートルタンク』発売開始
〜工場設備を駆使して生産効率をアップ、従来の主要アイテムより半額近いコストダウンにも成功〜
3月6日
リリース
日本企業としては異例、イスラム教の聖地メディナで「預言者モスク」周辺の施設整備に参画
世界から訪れる巡礼者用に、250基の大型アンブレラの膜製造を受注
〜気候風土に合致した特殊生地を採用、宗教施設の壮大さに日本特有の高品質をプラス〜
2月24日
リリース
地球温暖化につながる二酸化炭素を排出抑制、エコロジーに加えて燃料コスト削減にも貢献
大型トラックアイドリングストップ支援用「車載バッテリー式冷房装置」エアースタイル3月から販売開始
〜各メーカーの技術を集結、年間を通してアイドリング・ストップを守りつつ快適な環境を提供〜
メインコンテンツに戻る
メインコンテンツに戻る

このページのトップへ

太陽工業株式会社 copyright © TAIYO KOGYO CORPORATION All Rights Reserved.