太陽テントグループ | 太陽工業株式会社 | 環境改善貢献企業

農林水産省「農林水産業・食品産業科学技術研究推進事業」家畜伝染病発生時の迅速な措置、ウイルスの散逸防止、安全輸送を実現

防疫バッグ「Close Max(クローズ マックス)」

口蹄疫(FMD)、高病原性鳥インフルエンザ(HPAI)、などの家畜伝染病まん延防止は、家畜衛生担当者様の大きな課題。そのためには、適切な初動対応を取ることが何よりも重要です。ウイルスを封じ込めながら大容量が収容でき、ウイルスを散逸させずに処分家畜を輸送することが、被害を最小限にとどめ、畜産物の安全・安心に貢献することにつながります。
防疫バッグ「Close Max(クローズ マックス)」は太陽工業、京都産業大学(鳥インフルエンザ研究センター)、京都府(畜産課、家畜保健衛生所、畜産センター)の産学公連携で農林水産省の研究事業により共同開発初動対応の現場で求められる高いスペックを、クリアしています。

農林水産省「農林水産業・食品産業科学技術研究推進事業」における「家畜伝染病発生時におけるまん延防止のための処分家畜等輸送技術の確立」にて開発
メインコンテンツに戻る

このページのトップへ

太陽工業株式会社 copyright © TAIYO KOGYO CORPORATION All Rights Reserved.