緊急用エアテント マク・クイックシェルター エコマーク

(緊急用エアテント) マク・クイックシェルターのメリット

緊急・災害時に即応力発揮 画期的なハイブリットエアテント

ハイブリットエアテント

マク・クイックシェルターは複数の独立した”エアビーム”(二重チューブ式)と、それに直交する横つなぎ材”連結式FRPロッド”により構成された画期的な”ハイブリッドエアテント”です。

MQ断面図

2.エアビームは、安心の二重チューブ式

『エアビーム』はアウターチューブ・インナーチューブの二重構造です。インナーチューブで高い気密性を保つと同時に、アウターチューブが損傷を受けた場合でも、ダメージがインナーチューブに達することを防いでいます。

3.現場でも交換可能な二重チューブ式

万が一、インナーチューブが破損した場合でも、現場にて”インナーチューブ”を交換し、原状復旧させることができます。

4.テントは一体構造

『エアビーム』を屋根膜と一体加工することにより、すぐれた強度を実現。さらに『連結式FRPロッド』の突っ張り効果で、テント全体として一体構造となっています。

5.素早い立ち上がりとコンパクトな収納

タテ・ヨコとも『エアビーム』で構成されている従来品に比べ『エアビーム』の本数・容積が少ないため、短時間(約1分)で、立ち上がります。収納の際にも、排気時間が短くコンパクトに収納できます。

(例)MQ442の場合

展開>送風>完成

電動エアポンプ使用時

手動ポンプ

手動ポンプでも
3人がそれぞれ手動ポンプで送風すれば、約10分で立ち上げることができます。

6.軽量コンパクト 2人で運べ、車載もラクラク

車載時の写真

わずか55kg。収納サイズも80cm×80cm×50cmとコンパクト(MQ442の場合)。大人2人で運ぶことができ、運搬も小型ライトバンの荷台スペースに収まります(※)。
※パイプテント(5.8畳タイプ)の場合、一般的に収納サイズが2m程度あるため、小型トラックでの運搬が必要になります。

7.安心設計・安全設営

テント内部の様子

設計風速は10m(ウェイト使用時)。屋根とエアビームの一体構造により、形状安定性にすぐれ、強風時にも安心です。

パイプテントのように設営時に手を挟むなど、けがをする心配もなく、誰でも安全に設営することができます。

8.抗菌膜材を使用

衛生面に配慮し、安全のために”抗菌膜材”を使用してます。

9.その他のメリット

明るい室内
明るい室内の様子
白を基調としたカラーリングにより、透光性に優れ、明るい空間を提供します。
連結できます(オプション)
連結されたテント
妻面どうしをファスナーで簡単に接続できます。用途に合わせて空間を広げることができます。
垂れ幕サイン
垂れ幕を設置した様子
側面に大きな垂れ幕を取付でき、用途に合わせたサインを表示できます。
防炎材料を使用
防炎材料を使用しており、安心です。
メインコンテンツに戻る
メインコンテンツに戻る

このページのトップへ

太陽工業株式会社 copyright © TAIYO KOGYO CORPORATION All Rights Reserved.