F.C.T. SYSTEM 低温流通管理資材:ローカルナビゲーションをスキップし、メインコンテンツにジャンプする

某生協様でのジェットシッパー導入シミュレーション

共同購入でジェットシッパーを導入した場合、ドライアイスの購入コストは、年間で5千万円以上も削減できます。

  従来型シッパー ジェットシッパー
充填量 1班 7班
ドライアイス使用量 1.2Kg 3.5Kg
1コース平均 20班 20班
必要シッパー 20個 3個
必要ドライアイス計 24Kg 10.5Kg
支所のコース数が15の場合
支所必要シッパー 300個 45個
支所ドライアイス計 360Kg 157.5Kg
支所必要台車数 13台  24個/台車 8台  6個/台車
支所数が10箇所の場合
全支所必要シッパー 3,000個 450個
全支所ドライアイス計 3,600Kg 1,575Kg
全支所必要台車数 125台 80台
月稼働日数が22日の場合
延べ必要シッパー 66,000個 9,900個
延べ輸送台車 2,750台 1,760台
月ドライアイス計 79,200Kg 34,650Kg
年間ドライアイス削減金額 53,460,000円
年間輸送台車削減台数 11,880台
班置き用ドライアイスは別途考慮
カタログ請求

太陽工業株式会社 FCT営業課
TEL:03-3714-3313

メインコンテンツに戻る

このページのトップへ

太陽工業株式会社 copyright © TAIYO KOGYO CORPORATION All Rights Reserved.