太陽テントグループ | 太陽工業株式会社 | 環境改善貢献企業

クールカーゴユーザー様の声:一覧を見る食品の保存に威力あり:クールカーゴのトップへ

クールカーゴでビジネスの輪を拡げよう!:ワインは香りが大切。「おいしく味わっていただきたい」という思いに応えてくれる、いい製品ですね。

2013年8月 有限会社アビコ 代表取締役 阿掛 登志彦 様

有限会社アビコは、業務用イタリアワインを専門に扱う商社。食事がさらに美味しくなり、テーブルを囲むうちに「気が付いたら、ボトルが1本空いている」と楽しんでいただけるようなワインをセレクト。必ず自分たちの舌で確かめ、納得したワインだけを取り扱っておられます。
ワインは温度管理が重要な商品であるため、現地からはリーファーコンテナー(定温コンテナー)で海上輸送し、内陸輸送についても定温トラックを使用するなど細心の注意を払っておられます。

クールカーゴ(ワイン用特別仕様)

クールカーゴ(ワイン用特別仕様)をお使いいただいています
「保冷車を満載にできる大量発注ではなく、小規模な発注にもスムーズに対応できる」と、クールカーゴを活用いただいています。
※ワインのおいしい香りを保つためには、温度を約17〜18℃で管理する必要があります。

ポイント1:常温商品と一緒に店舗まで輸送できる。何よりのメリットです。

レストランなど、小規模な受注対応にクールカーゴが役立っているそうですね?

当社の納品先は、大手百貨店からレストラン、ワインの取り扱いを始めたばかりの酒屋さんとさまざま。大口受注の場合は保冷車で問題ないのですが、常温管理の商品とともにワインをお届けするというケースも結構多いんです。そういうときに、クールカーゴが非常に役立っています。ワイン10ケースくらいだと、十分に対応できますね。

コスト面でもメリットがありますか?

保冷車と常温車にかかる費用はかなり違いますからね。
クールカーゴを導入するまでは、保冷専門でやっている配送業者に集中していましたが、今では、常温車にクールカーゴを積み込んで同時配送してもらえるようになった。私たちとしては業者選択の幅が広がったし、配送会社にとってもチャンスが広がっているはずです。

ポイント2:ワインは温度管理が何よりも大切。高温の場所に置いておくと香りがつぶれてしまう。

ワインの温度管理がそれほど重要なものとは知りませんでした。

実はあまり意識されていないのが現実です。大量のワインを扱う店舗でも、無造作に常温管理されているところもまだあります。
しかし、ワインのおいしさって香りなんです。一口飲んだなかに、さまざまな香りや風味が含まれているところが魅力なんですが、温度管理が悪いとその香りがつぶれてしまう。香りがひとつの塊みたいになってしまって、飲むと喉のあたりで止まって、身体が「こんなもの飲むな」とブロックする(笑)。人間の身体って非常に精巧にできているんですよ。

約17〜18℃の一定温度で保管する必要があるそうですね。

温度が低すぎても高すぎてもだめ。非常に繊細な飲み物です。
そのために、私たちはイタリアから定温コンテナーで細心の注意を払いながら海上輸送をしているんです。せっかく現地からベストな状態で届いたものを、お客さまの口に入る前に香りと味が台無しにする訳にはいきませんからね。
クールカーゴはもともと4℃の仕様でしたが、ワイン用に温度設定を変えていただきました。導入して4年ほど経ちましたが、これはおもしろい商品です。冷蔵庫と違って「動かすこと」ができるのも便利です。

ポイント3:クールカーゴにはさまざまな可能性がある。さらなる製品開発に期待しています。

「動かせる」メリットとは、具体的にどんなことですか?

たとえば、展示会。この間も持って行ったのですが、他の出展者さんたちも「ちょっと入れさせてください。どうぞ、どうぞ」となって、非常に喜ばれました。その時は電源を入れながら使っていたので、長時間使えました。
それから、お客さまのレストランが引っ越しされるときにもお貸ししました。移動するときはもちろんですが、荷造りの段階でも梱包してしまうとワインセラーに置けないので、クールカーゴに入れて引越しをされていました。
また、デパート・バックヤードでのワイン入荷時の保管など、その他にもいろいろな需要があるかもしれません。

ご要望がありましたらお聞かせください。

温暖化の影響で、お客さま側での品質管理がどんどん難しくなってきているんです。レストランだと、営業中は冷房をかけているけれど、夜間の管理には課題があります。
また、日本酒やビールを扱う酒屋さんはワインセラーをお持ちでないですが、簡単に温度管理ができればワインを扱いやすくなると思います。
そのように、ワイン関連ビジネスのさまざまなシーンでクールカーゴが活用されていけば、ワイン業界全体にとってもありがたいことですね。

有限会社アビコ

所在地 : 東京都港区赤坂8丁目13-23 菱興赤坂マンション204
電話 :03-5771-7223
ウェブサイト
メインコンテンツに戻る

このページのトップへ

太陽工業株式会社 copyright © TAIYO KOGYO CORPORATION All Rights Reserved.