太陽テントグループ | 太陽工業株式会社 | 環境改善貢献企業

土木資材製品 Civil Engineering Products
シルトプロテクター
盛土3工法
ストロンググリッド
タコム
アピール
防舷材
メブラドレーン
マックスドレーン
ハニカム・フレーム「スパイク」
ご紹介
補助部品、接続
SP-20材料標準仕様
規格
使用例

MAXグリーンラグ工法
ナチュラルグリーンマット工法
土木資材製品トップ
ハニカム・フレーム「スパイク」
ハニカム・フレーム「スパイク」のご紹介
ハニカム・フレーム「スパイク」「スパイク」工法は、1978年フランスで考案され、その後1982年の第二回国際繊維土木会議(アメリカ)で発表された工法です。
この工法は、性能と施工性の良さでフランスは勿論世界中に急速に実績を広げました。
私共は、フランスのARMATER社と技術提携し、日本国内の製造・販売権を得て実績を伸ばしております。
ハニカム・フレーム「スパイク」は、排水性と保水性にすぐれた不織布を、特殊製法により、蜂の巣(ハニカム)状に成型されていますので、法面の植生工法に使用して、ガリーやエロージョン現象を防止する法面保護工法としてすぐれています。
その他、河床や路床の補強材としてもその効果は発揮され、ご使用頂いております。
フレキシブルで軽量コンパクトなこの製品は、作業の省力化とともに、土中での耐蝕性に優れ、強力な引張り力を有した法枠フレームの特長を共に生かして、コンクリートやアスファルトの補強材として、また最近ではスキー場の蓄雪用途などにも利用範囲を広げております。
補助部品、接続
■補助部品――12m×12.5m(150平方m/セットの場合)
アンカービン‥‥ 15mmφ×60cm〜80cm長の鉄棒又は木杭
(鉄棒は形が望ましい)
使用本数
(上端)
格子1つおきに1本………19本〜20本
(側面)
格子ごとに1本……10本×2=20本
整径用補助ピン………………約20本(必要に応じて使用)
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥合計約60本/程度準備のこと

■接続
1.専用ホッチキス (BOSTITCH P50-10使用)
2.接続ホース 内径9.5mm(3/8インチ)
3.コンプレッサー 圧力206〜304KPa(2.1〜3.9kg/平方cm)で使用
4.針 2400本/箱(横つなぎの場合約3000平方m分)
メインコンテンツに戻る

このページのトップへ

太陽工業株式会社 copyright © TAIYO KOGYO CORPORATION All Rights Reserved.