太陽テントグループ | 太陽工業株式会社 | 環境改善貢献企業

土木資材製品 Civil Engineering Products

シルトプロテクター

盛土3工法

ストロンググリッド

タコム

アピール

防舷材

メブラドレーン

マックスドレーン

スパイク

MAXグリーンラグ工法

ナチュラルグリーンマット工法

 ・概要
 ・特長
 ・諸元
 ・施工手順
 ・経過記録

法面保護-多自然型複合マット ナチュラルグリーンマット工法

自然の植生を生かしながら、河川整備を実現します

モルタル注入時→約1年後の繁茂状況ナチュラルグリーンマット工法は、河川の法面整備において、コンクリート製マット(布製型枠)の流水対抗機能と緑化の両方を実現する画期的な工法です。
これにより、従来のようなコンクリート構造物が剥き出しの状態ではなく、自然を生かした川づくりが可能になります。

法面保護-ナチュラルグリーンマット工法の構造

ナチュラルグリーンマットは上下2層で構成された多層マット。下層にコンクリートまたはモルタルを、上層に植生基盤材を注入することで、河川の法面保護と緑化が可能です。
また、上層の植生基盤材は流出しにくい構造になっています。

法面保護-ナチュラルグリーンマットの特長へ

メインコンテンツに戻る

このページのトップへ

太陽工業株式会社 copyright © TAIYO KOGYO CORPORATION All Rights Reserved.