太陽テントグループ | 太陽工業株式会社 | 環境改善貢献企業

盛土工法
■施工概略図一覧    ■盛土工法TOP
盛土工法 - 剛壁面補強土壁(RRR工法)とは
面状補強材と剛壁面を用いて、盛土のり面を鉛直に構築。
 
盛土工法 - RRR(剛壁面補強土擁壁)工法 面状補強材「Jグリッド」と剛壁面を用いて、鉛直の盛土のり面を構築する方法です。土中に帯状鋼板や面状補強材を敷設して盛土を急勾配化することは、従来から行われてきましたが、R R R工法は曲げ剛性を有する壁面工を併用することによって、これまでにない安定性を確保しました。制約条件の厳しい鉄道盛土に初めて採用されるなど、極めて信頼性の高い工法として認知されています。

基礎工事から完成まで、大型建設機械が一切不要で、幅約3メートルの用地が確保できれば施工が可能です。谷間や住宅密集地など狭隘な空間でも容易に施工できます。また、騒音や振動、ほこりなど、周辺環境への対策も必要ありません。適用範囲が広いことから、今後ますますの普及が期待されている工法です。

盛土工法 - RRR(剛壁面補強土擁壁)工法
メインコンテンツに戻る

このページのトップへ

太陽工業株式会社 copyright © TAIYO KOGYO CORPORATION All Rights Reserved.

特徴 施工例 特徴 施工例 特徴 施工例