太陽テントグループ | 太陽工業株式会社 | 環境改善貢献企業

膜構造による コンテナ一体型施設

計画の立案から施工までを一貫対応

「膜構造」と「コンテナ」の組み合わせで各種用途に対応する「コンテナ一体型施設」。それぞれのご要望に応じた機能空間を短納期で実現いたします。

コンテナ一体型膜構造のメリット

  1. 短期施工・ローコスト

    事前に工場内で加工されたコンテナを設置する工法のため、短い工期で建設可能です。そのため、建設費を抑えたプランをご提案できます。

  2. 優れた安全性

    何段も積み重ねることを想定して設計されたコンテナは、非常に頑丈につくられており、防災倉庫としても活用できます。

  3. 移築・再利用が容易

    ものを保管・輸送するための構造物ですので、使用後も移築・再利用が可能です。

実績例 : 大槌町水産物加工場

岩手県大槌町では、地域産業の早期復旧を実現するため、40フィート(12m)コンテナと膜構造を組み合わせた、簡易水産加工施設を完成させました。
鮭やわかめなどの海産物を天日干しするとともに、夜間はそれらをコンテナに収納し防犯面でも安心な施設をお届けしています。

その他実績例 : 女川町仮設住宅(コンテナを改造した3階建て仮設住宅)

平成23年11月、コンテナを構造体として採用した3階建て集合住宅としては初となる「女川町仮設住宅」が完成しました。
3ヶ月の短さで建てられた6棟189戸の仮設住宅は、入居する人数に合わせて6、9、12坪の3種類の広さを確保、被災者の新しい生活の場となっています。

また、今回の計画では、仮設住宅以外にも、マーケットや集会所、アトリエなどを併設し、コミュニティ構築のための環境づくりがなされています。

設計:
坂茂建築設計
構造:
オーヴ・アラップ・アンド・パートナーズ・ジャパン・リミテッド
施工:
TSP太陽
メインコンテンツに戻る
メインコンテンツに戻る

このページのトップへ

太陽工業株式会社 copyright © TAIYO KOGYO CORPORATION All Rights Reserved.